空欄防止



欧州特許出願手続の流れ

 
ep-patent2・・ 
 1. 欧州特許出願
欧州に特許出願するには下記の3つの方法があります。
 ①通常の欧州特許出願
 ②日本国出願に基づいた優先権出願
 ③欧州を指定した国際出願
英語、仏語、独語の何れかの言語で行います。

 2. 調査報告の作成
先行技術の調査が行われます。

 3. 出願公開
出願日から1年6ヶ月後に行われます。
原則、調査報告も一緒に公開されます。

 4. 出願審査請求
調査報告の公開から6ヶ月以内に行います。
期間内に請求しないと、取下擬制されます。
国際出願の場合、国際調査報告の公開から6ヶ月以内です。

 5. 更新料納付
第3年分から特許されるまでの間、各年ごとに納付する必要があります。
 6. 審査
審査請求をすると、実体審査が行われます。
 7. 拒絶理由通知
特許しない旨の通知です。
 8. 意見書・補正書の提出
拒絶理由通知に対しては、意見書及び補正書を提出することができます。

 9. 特許査定 ( 又は拒絶査定 )
特許査定は特許する旨の審査官の最終判断です。
拒絶査定は特許しない旨の判断です。

 10. 審判請求
拒絶査定に不服があるときに、請求します。

 11. 料金納付・翻訳文の提出
特許査定の後、特許料を納付し、クレームの翻訳文を提出します。
翻訳文は出願言語以外の言語で行います。例えば、願言語が英語のときは仏語と独語に翻訳します。

 12. 特許
欧州特許公報に特許付与の公告がなされた日から、各指定国において特許権が発生します。
また、欧州特許明細書を公表します。
 13. 異議申立て
第三者は特許付与の公告日から9ヶ月以内に異議を申し立てることができます。
審査の結果、特許が取り消されることもあります。

 14. 各指定国
特許付与後は、各指定国毎に各国の国内法に基づいて保護がなされます。
 
 15. 権利消滅
各国の特許権は、出願日から20年で消滅します。

 

-注意-
上記の手順は、欧州特許出願の手続きの代表的なものです。
上記の手順と異なる場合もあります。
欧州特許出願の手続きの詳細はこちらをクリックして、お問い合わせ下さい。
                              ⇒ 「お問い合わせ

image38
相談 03-3382-3323
お忙しい方、夜間や、土曜日、日曜日の無料発明特許相談もご利用下さい。
お問い合わせ
東京オフィス
東京オフィスは杉並・中野・練馬・世田谷・渋谷地区のほぼ中心にあります。お気軽にお越し下さい。 東京オフィス
山梨オフィス
山梨オフィスは富士山麓の高原にあります。都留市・富士吉田市・大月市・河口湖町近辺の方はこちらもご利用下さい。 山梨オフィス

空欄防止


 © Copyright 2006  Handa Patent Office 東京都杉並区和田2-3-8三栄ビル4階 Tel:03-3382-3323

空欄防止